ビッグデータによる農村三産融合の分析:上海、

全国の農業関連経営の実体の中で、三産融合を展開したのは2017年第1四半期以来の平均の91%程度に達した。しかし、農業関連経営の実体である三産融合の深さを反映する指標は、2017年第1四半期以来、平均55%前後だった。

農業関連分野では、産業の次元壁は絶えず破られており、一二三の産業融合の態勢は全国レベルで強化されているが、直観的な感覚を除いて、中国はまだ農村の三産融合の水準と現状を監視・評価できる指標システムがない。
 
「現在、関連の理论的研究数少ないも、伝統の統計を主に基づいて、しばしば一部水準の農業経済指標を通じて側面だけを反映し、三产融合問題に対する直接の頼もしい指標はしない、」と中国人民大学情報分析研究センター副主任钱明辉は11月20日に開かれた「農村三产融合:新傾向と挑戦」フォーラムは、「事実上、現在、農村三产融合の統計によると、厳密には不在だった。そのため、既存の統計データに基づいて分析研究を行った結果、三産融合の実態に対応していないか、データの歪みがある」と述べた。
 
インタフェイス新聞の崔宇副編集長、ビジネススクールの院長は、ビッグデータを用いて農村の三産融合を研究することは、ある程度この空白を埋めることができ、中国の三産融合の潜在的な発展状況をより直観的に明らかにすることができると指摘した。
 
当日、中国人民大学情報分析研究センターとインタフェースニュース|インタフェースキャンパス合同農村123関連産業融合の大データを発表した研究报告。チームに基づいて2017年1月~ 2019年8月、韓国隣近地域に登録されたデータ経営実体(データの出所をやしない调べ)に、その経営の範囲に対抗して、テキスト分析と内容を発掘し、人工知能の運用技術、テキストの分析を通じて、自然と言語処理などの方法で掲示韓国農村三产融合の底のデータ。
 
銭明輝氏によると、報告書は2種類の農村三産融合の評価指標を設計し、それぞれW−融合度とD−融合度である。農村三産融合W−融合度は経営実体が三産融合を発生する数量の比率を代表し、ある程度に農村三産融合の広さを反映できる。D−融合度は課題グループが彼らがまとめた三産融合の四種類の基本モード(内融モード、延伸モード、開拓モード、浸透モード)に対して得点を与え、累積値を計算することによって、農村三産融合の深さを表現する。
 
この2種類の指標は狭義融合度と広義整合度の2種類を同時に含む。その中、狭義の融合度は主に中国の町村における登録地の農業関連経営実体(即ち経営範囲は第一産業関連目録を含む)を反映し、その三産融合の広さと深さレベルを展開する。広義の融合度は主に中国の町村に登録され、農業関連三産融合を展開する可能性のある経営実体(つまり経営範囲が現在第一産業関連目録を含まない経営実体も含む)が存在し、その三産融合の広さと深さのレベルを展開する。言い換えると,狭義の融合度よりも広義の融合度を計算する際に扱う経営実体の所属業種の方が広い。
 
狭義の融合度の研究結果により、中国農村の三産融合の勢いは良好である。農業関連経営の実体の中で、三産融合を展開したのは2017年第1四半期以来の平均91%程度(すなわち狭義のW−融合度)だった。しかし、農業関連経営の実体である三産融合の深さを反映する指標は三産融合の広さを大きく下回り、2017年第1四半期以来の平均は55%前後(狭義のD−融合度)であった。広義の融着度をみると,2019年の全国の広義W−融着度と広義D−融着度はそれぞれ15.2%と8.58%であった。
 
各省の狭義の融合度に基づいて分析した結果、上海の農業関連企業は農村三産融合の深さにおいて第一位、北京は農村三産融合の広さにおいて第一位となった。崔宇氏は、これは両地自身の第一産業の増加値が全国で比較的に低いレベルにあり、分母効果の下で融合度のレベルが比較的に高く、また、都市資本、技術と人材に頼っている都市農業の両地での発展レベルも比較的に高いためであると考えている。
 
狭義の融合度省級のランキングでは、2019年、全国の農村の3つの産業の広さの2 ~ 10位は、広東、江蘇、上海、海南、吉林、湖南、チベット、江西、山東の順である。全国の農村の3つの産業の融合の深さの2 ~ 10位は順に北京、天津、湖南、海南、甘粛、福建、山西、江西、浙江である。
 
「全体にとって、韓国農村狭义w−融合度三产他府県の大半が、高い水準が狭义w−20都市の農村三产融合度は90%以上が、」と钱明辉、「融合の5つの農村三产モードでは、複合モデル、w−融合度狭义の貢献度は最高61.08%に達し、内の融モデルの貢献度最低1.52%。」
 

経営実体の実務範囲と工商登記の経営範囲が一致する可能性について、崔社長は「両者が完全に一致しているわけではないが、企業登記の経営範囲も実際の業務活動と完全に離れているわけではなく、経営実体の現在の業務活動をかなり反映している」と述べた。
 
これに対して、報告書は第一産業関連業務を展開する経営実体は登録時に前置決裁または後置決裁条件があることが多いため、経営範囲に当該業務に関連する語彙がある場合、前置決裁による経営実体にしか現れないことが多い;第二に、新たに設立された経営実体は経営範囲を登録する際に、商工業の営業許可証の紙面の制限を受け、経営範囲のテキストの規模も制限され、そのため、経営実体は経営範囲を登録する際に主な業務に関連するテキストの表現を優先的に登録する必要がある。三つは現行の租税政策の中にある特定の業界に対して一定の租税優遇があることであり、もし経営実体が過度にその経営範囲を一般化すると、本来獲得できる業性の租税優遇を失うことがある;第四に、経営実体の経営範囲が焦点にならないか、実際の経営活動と著しくかけ離れている場合、それは市場経営活動を展開する時にパートナーと顧客の中で専門化の認知を形成できなくなり、市場機会を逃してしまう。
 

 
報告書はまた、2年連続で全国新農民新技術創業革新博覧会を開催した江蘇省を例に、上述の大量データ分析の方法を用いて江蘇省の農村三産融合の現状を研究した結果、2019年、江蘇省農村三産融合の広さ(狭義のW−融合度)は99.20%で、全国トップ3になった。複合モードが71.89%を占めた。農村における三次融合の深さ(狭義のD−融合度)は52.49%であり,2017−2019年にはいずれも50%を超えた。
 
江蘇省の管轄下にある県市を見ると、2019年に江蘇省の三産融合の深さ(狭義のD融合度)が上位5位の太倉市、丹陽市、海安市、沛県、宝応県がそれぞれ90%、90%、86%、72%となっている。

江蘇省農業庁の2級巡視員陳飛氏は「農村三産融合:新傾向と新挑戦」フォーラムで、江蘇省農村一二三産融合発展において、まず融合企業の主体が増えていると紹介した。全省の県級以上の農業トップ企業は7700社を超え、そのうち国家級は77社で、全国第2位である。2018年の全省規模以上の農産物加工企業の主な業務収入は1.2兆元に近く、農産物加工の生産額の割合は3対1に達した。次に、融合担体は絶えず向上し、全省は国家級産業融合発展先導区が5つ、全国農業産業強鎮が31個あり、全国に先駆けて省級産業融合発展先導区の建設を開始した。最後に,融合モデルは最適化されつつある。農業産業化の連合体を強力に発展させることによって、トップ企業を用いて上下流産業を統合し、連結した全産業チェーンを形成することに力を入れている。全省は400余りの産業化連合体を設立し、各種類の経営主体を3000余りにリードし、良質の食糧や油、緑の野菜、家畜や鳥類などの産業をカバーし、現在、100の省レベルの農業化産業の連合体名を社会に公表している。
 
今回の「農村三产融合:新傾向と挑戦」は11月19 ~ 22日、南京で開かれた2019全国農民新技術の創業革新博覧会の分フォーラムの一つ、インタフェースのニュースが|インタフェース経営大学院の開催は、中国人民大学情報分析研究センターとして単独学術指導の単位。